物忘れのSTOP進行~快適ララライフの応援隊~

薬

物を忘れるということ

日常生活に支障が出てしまいます。物忘れがあるときはコチラでセルフチェックをしましょう。症状の度合いを知ることができます。

初期症状

先生

認知症はひどい物忘れが一つの特徴です。物を置いた場所を忘れて家じゅうを探し回ったり探しながら自分が何をしていたのかと行為そのものを忘れてしまったりします。認知症の初期には物忘れがひどくなり同じことを繰り返し、今まで簡単にできていたことが難しくなるなど本人も何かがおかしいと感じ始めます。最初から記憶が全部なくなるわけではないので本人にもその物忘れの自覚があります。物忘れを自覚していない場合も不思議なことが起こると感じています。同じ失敗を繰り返したり他人からミスを指摘されたりして心は不安や焦りでいっぱいになっています。そんな自分を悟られないように本人が一生懸命カバーをするために、周囲が気が付かないことも多くあります。まわりの人が注意をして見守ることが大切です。

逆効果になる

認知症の人の脳は容量が小さく働きにくい状態になっています。そのために的確な判断ができず失敗を繰り返すことが多くなっています。本人にとっては物忘れなど身に覚えがないことも多く他人などとトラブルを起こすことに驚き自分でもどうにもならない状況に困惑してしまうことが多くあります。また認知症の人に対して何もわからないだろうと幼児言葉で話しかけてみたり、早口で話したりする人を良く見かけますが本人は大きく傷ついています。言葉が出なくても時間をかけてゆっくり話しかければ理解できる人も多くいますので、何らかの偏見を持って接することは厳に慎みたいものです。また失敗を叱ったり注意したりしても新しいことを覚えることができなくなっているので逆効果になってしまいます。症状が酷い場合には、物忘れを緩和させる栄養食品も登場しているので、利用してみると良いでしょう。

生活習慣で予防できる事

シニア

ちょっとした物忘れは、誰にでもある事です。しかしそれがひんぱんになりますと、生活の中でなんらかの支障が出てしまう事もあるので、できればそうしたものは生活の中で改善していきたいものです。今は生活の中でできる、そうした予防法は、数多く存在しているからです。

»もっと見る

刺激による脳の活性化

困る

高齢になると物忘れがひどくなると一般的には言われますが、すべての人にあてはまるわけではありません。趣味を楽しんだり食事に気を遣うことで、脳を活性化させれば防止できます。

»もっと見る

どの商品がいいか

サプリ

物忘れはひどくなると認知症に発展してしまうことがあるので、早めの予防が必要になってきます。いまは脳の老化を防いでくれるサプリメントがあるので、それを継続して飲むようにしましょう。

»もっと見る

Copyright©2015 物忘れのSTOP進行~快適ララライフの応援隊~ All Rights Reserved.